「インダストリアル」というインテリアのテーマが人気を集めています。リノベーションだけでなく、DIYでもトレンドです。どのようなインテリアを揃えれば、インダストリアルになるのでしょうか。ポイントを紹介します。

最近よく聞くインダストリアルとは?

インダストリアル(industrial)を直訳すると「工業」、あるいは「産業」という意味です。元々はデザイン用語であり、見た目の美しさと使い勝手が融合した工業製品を指しています。

 

インテリアのインダストリアルは、若干ニュアンスが異なるかもしれません。どちらかといえばアメリカの町工場や作業場で使われていそうなインテリアを指します。シンプルで実用性が高いところは共通していますが、美しさよりも無骨で粗野な男らしさが感じられるでしょう。

 

インダストリアルに取り入れたい素材は「レザー」と「レンガ」です。鉄と木を組み合わせたインテリアも欠かせません。レザーはブラウンやブルー、ブラックのような落ち着いた色が向いており、濃くなるほど重厚感があってインダストリアルに馴染みます。

 

レンガは本来の赤茶色だけでなく、グレーもニューヨークの地下鉄ホームを彷彿とさせておしゃれです。レンガそのものを使わなくても、最近ではレンガのデザインと質感のカラークロスやタイルが販売されています。すべての壁に貼るよりは、部分使いにとどめたほうがアクセントになり、抜け感も出て居心地が良くなるでしょう。

 

鉄と木のインテリアといえばテーブルや椅子、収納棚などがあります。基本は天板が木で、脚や枠が鉄です。ヴィンテージものなら、よりインダストリアルの雰囲気を出せます。DIYでは鉄や木以外のアイテムでも、塗料やサンドペーパーを使ってそれらしく見せたり、サビを再現したり、使用感を出したりする加工が定番です。

 

こうして見ると、インダストリアルはレンガで「ブルックリンスタイル」と、鉄と木のインテリアで「ミッドセンチュリー」とクロスオーバーしているようです。いずれもアメリカ発祥ですから、インダストリアルにはアメリカンなテイストも必要といえるでしょう。

男性にも人気なインダストリアル!インテリアで部屋の雰囲気をがらりと変えよう!

もしリノベーションでインダストリアルにするなら、壁紙はすべて剥がしてコンクリートを打ちっ放しの状態にするのがおすすめです。その無機質なところがインダストリアルならではの男らしさを醸し出してくれます。

 

もちろん部分的にレンガや木目調の壁紙、またはタイルを使用してアクセントをつけても構いません。黒板にチョークで書きこむスタイルも人気です。配管もそのままにして工場のような雰囲気を作りましょう。

 

床はコンクリートそのままでも良いですが、フローリングやPタイルでも違和感はありません。むしろ重要なのは色です。ダークブラウンやブラック、グレー、シルバーなど落ち着いた色が合っています。その色であれば毛足の短いラグを敷くのも良さそうです。

 

照明もソケットに裸電球だけにしたり、無骨なデザインのシーリングライトやペンダントライトを取り入れたりします。それこそ「インダストリアルデザイン」のように、美しさと使い勝手を兼ね備えた金属製のフロアスタンドは相性抜群です。

 

棚を据え付けるときも鉄と木のどちらか、あるいは両方を使います。鉄は新品のように輝いていても問題はありませんが、木はラフな仕上げのほうがインダストリアルなインテリアになるでしょう。

リノベーションでインダストリアルな部屋に!

リノベーションでインダストリアルな部屋のベースができたら、次はインテリアを配置します。

 

まずはメインとなるソファやテーブルです。先述のとおり、ソファはレザーで鉄か木製の脚が基本になります。テーブルは木製か鉄製、あるいは木の天板に鉄の脚という組み合わせです。必要以上に柔らかさを感じさせなければ、ファブリックを取り入れても問題はありません。

 

次にワゴンやラック、キャビネットなどの収納アイテムを加えます。最初からインダストリアル用に販売されているものもありますが、既にある収納アイテムをリメイクして、インダストリアル風にすると無駄になりません。特に簡単なのがタイルを使用する方法です。

 

インダストリアルであれば、レンガ風やヴィンテージ風など様々な色とデザインがあります。DIYで塗料を使ったり、サンドペーパーをかけたりするよりも失敗は少ないでしょう。タイルといえば、本来なら規則正しく貼って最後に目地を埋め込みますが、インダストリアル風にする場合は多少並びが乱れても大丈夫です。

 

無機質ながらも木目調を木のぬくもりを意識した、リノベーションのひとつ。
【ホテルライクな戸建てリノベ】

弊社ならこのように中古の戸建てもリノベーションによっておしゃれに生まれ変わります。

まとめ

インテリアのインダストリアルとは、工場ならではの無骨で粗野な男らしさが感じられる雰囲気のことです。レザーとレンガ、鉄と木のインテリアが基本で、そこにヴィンテージ感をプラスします。特にコンクリート打ちっ放しの部屋に最適です。DIYで既存のアイテムをリメイクすれば、簡単にインダストリアル向けのインテリアに変えられるでしょう。

【事例】リノベーション

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。