窓のない部屋は暗くて、ジメジメしているように感じてしまいますよね。部屋にいると気分も落ち込んでしまってやる気がでないということも…。

 

ドラマや雑誌のような明るく素敵なお部屋にしたい!と思っている人も少なくないはずです。そこで今回は窓のない部屋をちょっとした工夫で明るく見せられるアイデアを紹介します。

窓の無い部屋

窓のない部屋はここがいや!

常に暗い

窓がないと、太陽の光が入らないので常に暗い部屋。朝、昼、夜、時間帯なんて関係なく室内は暗いので、電気をつけないと部屋が明るくなりません。そのため1日中、電気をつけっぱなしにしがちです。

ずっと照明をつけているので、当然、毎月の電気代もかさんでしまいます。クーラーや暖房をつける夏や冬になると、電気代の請求額はとても高額に……。

 

しかし、光がないとどうしても気分が落ちこんでしまいます。実際に冬場に太陽の光を浴びる時間が減って起こるといわれている“冬季うつ”という病気も存在するのです。日照時間は、健康や精神面に影響を及ぼす可能性があります。

 

このように、日光があたらない窓がないと部屋が暗くなり、気分が沈んだり、照明をつけるため電気代がかかってしまったりするのが、デメリットです。

 

■空気が悪い

暗い、陽当たり以外にも「空気が悪い」ことも嫌だと感じている人も多いのではないでしょうか?窓がないと換気ができないため、空気がこもった状態になっています。室内の空気は思っている以上に汚れているのです。

 

わたしたちは呼吸することで、二酸化炭素を排出しています。また空気中の埃には、さまざまな菌が付着していることも…。健康のためにも、換気をして汚い空気を出し、新鮮な空気を取り入れることが大切です。

 

また酸素が不足すると、脳の動きが低下し集中力も落ちるともいわれています。勉強や家事に集中できないという人は、もしかしたら換気をしていないからかもしれませんね。

 

ほかにも十分な換気が行われないと、乾燥したり湿気がこもったりして、カビやダニが発生しやすくなってしまう可能性もあります。アレルギーの原因にもなるので、きちんと換気をしたいところ。「窓がないから換気ができない……」と諦めるのは早いです。

 

窓がない場合は、ファンを取り付けて空気を循環させると良いでしょう。方法については後ほど紹介します。

窓のない部屋を素敵な部屋に変える!

壁紙で変える

窓がない部屋でも、工夫をすれば明るく素敵な部屋に変身するでしょう。ここでは窓のない部屋の“暗い”“空気が悪い”といった問題を解決する方法を紹介します。

 

デザインを変えて明るくする

暗さが気になる部屋はデザインを変えていきましょう。壁紙の色を変えるだけでも、室内はぐっと明るく見えます。白い壁紙は窓がなくても明るく感じるのでオススメです。ワンポイントとして、一部分に華やかなアクセントクロスを取り入れても素敵ですね。

 

紙、木材、皮などの湿気がこもりやすい素材はカビの原因となる可能性もあるため、避けておいたほうが良いでしょう。

 

観葉植物や絵画、フォトフレームを飾ると見た目もよくなり、フレッシュ感のある空間を演出してくれます。観葉植物は、陽が当たらないと枯れてしまうこともあるため、フェイクのものだと手入れも楽です。お気に入りのスナップや風景写真を印刷し、フォトパネルにしたりして、壁に貼ればいつでも旅行気分を楽しめます。

 

ただし、あまりごちゃごちゃと飾りすぎると、部屋に圧迫感を感じてしまうので、部屋の広さとインテリアのバランスを考えて配置していきたいですね。小さいものをいくつも並べるより、大きめのサイズを一つ飾り、調和するように細かいものを23個飾ると良いでしょう。

 

窓のない部屋を換気する

換気をすることは、健康面や集中力の低下を防ぐためにも重要であると先ほどお伝えしました。しかし、窓がなければ新鮮な酸素と空気を入れ替えることができません。

 

窓がない場合は“ファンを取り付ける”のがオススメです。ファンを取り付けると、空気が循環し室外に汚れた空気の排出が可能です。冷暖房も効率よく稼働しやすくなります。

 

ファンは、スタイリッシュなのでインテリアとしてもお洒落で好まれています。雑誌やテレビなどの“センスのある家”として紹介されている家にもファンが付いているのをよく目にしますよね。

 

ファンは業者に依頼すればかんたんに取り付けてもらえます。部屋の換気はとても大切なことなので、窓がない部屋はファンを取り付けていきましょう。ほかにも、壁を明るい白に変えたり、壁の一部をガラスブログにしたり、ハイサイドライトと呼ばれる窓を設置するなど、部屋を明るくみせるリノベーションも可能です。

 

窓がない部屋もリノベーションで、明るく風が通る空間に変えられます。「窓がない部屋が嫌だな」と、思っているのであればリノベーションで変身させてみませんか?ぜひ一度、名古屋でリノベーションをしているネクストカラーズに相談してみてください。

まとめ

窓のない部屋

窓がない部屋だと、“暗い”“空気が悪い”などのデメリットがあります。電気代もかさみ、気分も憂鬱になりがちです。リノベーションで、ファンを取り付けて空気を循環させたり、壁紙を貼り替えたりするだけで嫌だった悩みも解決できます。

【事例】リノベーション

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
速水 亮
速水 亮 マーケディレクター

常に大事にしていることはマニュアルではなく本質。 「仕事」においては責任感と誠実さ。 進化には常に別のマーケットがある。 汎用性の中にロマンはない。 子供が持つ無頓着さをそぎ落さないように。      

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。