logo
CASE-1 T様邸
戸建リノベーションだから叶った
駅近の理想のお家
Scroll
Scroll

Question

リノベーション住宅を
選んだ理由は?

Answer

自分達が納得できるカッコイイ空間にしたい!けど家にかけるお金は抑えたいというわがままからリノベーションという選択に辿り着きました。
中古物件だからこそ元々の建物をどのように活かせばコスパ良く希望の空間が生み出せるか、何度も提案を頂いてから決心しました。

Before
After

Question

この物件を
選んだポイントは?

Answer

普通の家(分譲)に住むのは嫌だし、予算のことを考えると新築戸建は難しかったので、中古戸建でリノベーションができる物件を探していました。
奥さんがどちらかというと駅近に住みたくて、いずれ地下鉄を使って栄や名古屋駅に行きたいというのが希望でした。
物件が見つかった時に理想のリノベーションが可能かどうかをネクストカラーズさんに事前に見てもらった上で決めました。

30年経ったコンクリートの風合いや味わいも、リノベーションだからこそ

鉄筋コンクリート造なので、コンクリートの雰囲気を上手く活かせるように工夫していただきました。既存の建物を活かす大変さはあったけれど、コンクリートの風合いや貼ってあった壁紙を剥がして出てきた雰囲気や、床の黄色いラフな雰囲気とか、終わってみれば元々あるものを活かしたからこその面白い空間が出来たかなと思います。

こちらの書斎スペースは全部コンクリートでいこうかと思っていたのですが、それでは少し寂しかったので、ポイントとして奥の壁だけ木毛セメント板を使って雰囲気を変えました。その壁を白に塗装することで全体の雰囲気も良くなり、このような空間になっています。

コンクリートの雰囲気を
上手く活かしたリビング

リビングはコンクリートを残せる部分が少なかったので、コンクリートの風合いを出すような素材や塗料を施工していただき、洗面、引き戸、階段などにもあえてコンクリート風の素材を使用して全体の雰囲気に一体感が出るようにお願いしました。

もともと各所に石の素材を使用したかったので、リビングのテレビボードの裏にタイルを施工してもらいました。石の素材を入れることで家全体のコンクリートの雰囲気とも相性が良いので気に入っています。

奥さんの家事動線を
大切にした空間づくり

奥さんの要望は家事がしやすい動線ということで、なるべく生活感がない空間を作りたかったんですけど、収納力もないと普段の片付けもできないので、元々あったキッチンの場所をパントリーにして、楽に綺麗な空間が保てるような作りにしたのが工夫したポイントです。

キッチンはモールテックスと木を使った世界に一つだけのオリジナル仕様

子ども部屋には
機能性も遊び心も詰まっています

子ども部屋はフローリングを使用するケースが多いと思うんですが、傷や汚れが付きやすいので、すぐ取り換えられるようにタイルカーペットにしました。フローリングよりコストも安くて良かったです。まだ何も描いていませんが、奥の壁は黒板塗料を塗っているので子供が思いっきり落書きをして遊べるようにしました。

お子さんが増えた場合、
子ども部屋は今後どのように
考えていますか?

子供が自分だけの部屋を必要になる時ってせいぜい中学、高校の6年間位かなって思っていて、それよりも長い年月を私たちはこの家で暮らしていくので、その為に自分達にとって住みやすい家を作る事が最優先事項でした。
幼いうちはできるだけ同じ空間で思う存分親子の時間を楽しみ、年頃になったら子供の自立を促すためにも、近くの賃貸アパートや寮での一人暮らしをすすめようと思っています。笑

Question

コスト面で
諦めたことは
ありますか?

Answer

本当はバスルームやトイレの位置を変更したかったのですが、配管などの関係でコストが上がるため諦めました。ただその分、照明にこだわったり、車庫のシャッターを手動から自動に変更したりする事ができました。

Question

リノベーションの工程で
トラブルや問題点など
ありましたか?

Answer

工事中に水漏れしたトラブルがありましたが、迅速に対応していただきました。築30年以上経っているので、劣化が激しく雨漏りもしている状態だったので、あわせてメンテナンスもしっかり行っていただきました。
もともとあった和室の壁を壊し、リビングを繋げたことで、全くサイズの異なる窓が並んでしまう問題もありましたが、天井目一杯のバーチカルブラインドを取り付けた事で解決できました。

ホテルライクなリノベーション

寝室

寝室はホテルのようにしたくて床は絨毯にしました。グレー色が好きで落ち着くのと、天井と床にもグレーを使い、壁には異なる2色のグレーの壁紙を貼ってもらって、トーンの違いで部屋の雰囲気にメリハリを付けました。

玄関

玄関は入ってすぐ階段があり、元は書斎とも繋がっていました。書斎と玄関の間を区切る際に書斎のスペースを削って、その分、玄関側のスペースを広くしてシューズクロークを作ってはどうかと提案をもらい、その方が使い勝手が良いと思ったので、壁一面をシューズクロークにしました。その際にコートなども掛けられるようにハンガーパイプも作ってもらいました。実際に住んでからも便利だなと感じています。

Question

ネクストカラーズの
プランニングは
どうでしたか?

Answer

建築の知識が豊富で、こちらが思ってもいない提案をたくさんしてもらいました。例えばクローゼットを作る際は窓がある事で服をかけるスペースが狭くなり困っていましたが、あえて窓を塞ぎ、なるべくたくさんの服がかかるような設計を提案してもらえたお陰で狭い空間でも収納力のあるウォークインクローゼットが出来て本当に助かっています。

インテリア全般、造作家具、壁紙、照明関係などの提案やキッチンも造作で一からこだわってデザインしてもらったり、収納するものや 使い方などを細かく相談してもらい、今の生活スタイルにあった収納を提案してもらうことで、自分たちの気に入るライフスタイルとデザインが両立するものを作ってもらうことができました。

こだわったものや面白いものを
楽しみながら提案してくれた

ネクストカラーズにお願いして良かったと思うところは、素材のサンプルをたくさん取り寄せてくれたり、デザインを本当にこだわってもらいました。僕の曖昧な要望を嫌な顔せずいろんな提案をしてくれたり、こだわったものや面白いものを作るということを、みなさんが意識して楽しんでやってくれるので、無理なお願いでも素直に相談できるところが一番魅力的なところだと思います。

最後に、ネクストカラーズで
リノベーションをしたい方へ
アドバイスをお願いします。

Advice

やりたいなあと思っていたことはたくさんあったんですが、中古物件なので出来ないことも多くありました。でもそれが逆に中古物件だからこそ面白いことができるんだなと、造る過程の中で発見できたので、これからマイホームを考える人には、不動産をどの物件にしようかなというところから相談した方が納得のいくリノベーションができると思います。

0120-010-131

10:00-18:00 水曜日定休

Before
Before
After
After