こんにちは。
名古屋でリノベーションしているネクストカラーズのライター安井です。

今回は先日お伝えした、住宅ローンの基礎から少し進んだ住宅ローンを利用する前に知っておくべき、審査が通らないかもしれない要因について。

前回記事はこちら
必読!不動産購入検討者の方へ!資金計画は本当に大丈夫?住宅ローンの基本お伝えします

前回記事でもお伝えしている通り、住宅ローンを利用する場合は金融機関からの審査を受ける必要があります。
「審査」なのでもちろん誰でも100%審査が通るわけではありません。その金融機関により審査内容は若干異なりますが主に審査で通らなくなってしまう内容を今回挙げていきます。

基本中の基本、借り過ぎは不可

住宅ローンの審査の合否についての基本中の基本と呼べるかもしれませんが、自分の収入に見合わない以上の借り入れはできません。
例えば、会社員で年収400万円(毎月の手取りが27万円)の方が、1億円金融機関に貸してほしい。と言って貸してくれるかということですね。
単純に返済期間35年で返済すると1億円÷35年(420カ月)≒238,000(金利計算なし)
住宅ローンに限らず借入をする場合は金利があるので、上記よりさらに多額の返済額が毎月請求されるわけです。
普通に考えて返済できませんよね。一般的に年収からの返済の比率は30%程度(金融機関により異なります)に抑えなければなりません。上記の年収400万円の方の場合、月の返済が10万円以内になるように住宅ローンの審査を受けなければそもそも審査の対象になり辛いということですね。

転職直後は要注意

住宅ローン相談でよくあるのが「転職」。
転職によって職場が変わりマイホームを探し始めた。ということもあるかと思います。
ここで注意しておきたいことは、ほとんどの金融機関で転職後1年未満(金融機関により異なります)などの転職間もない場合は住宅ローンの審査の対象にしてくれないことがあります。
ほとんどの金融機関は住宅ローンの条件に「最低勤続年数」が定められています。
しかし、転職後間もない場合でも住宅ローンの審査が通る例外的なケースもあります。
・上場企業への転職や士業など専門資格を活かした職へ転向
・自分の意志ではなく会社の要請により同企業のグループ会社へ転属になった場合
などがあります。

勤続年数が短くても審査される場合

上記で述べたように勤続年数を意図的に長くすることはできません。毎日会社に通って時間が経過する以外に方法はありません。
しかし、金融機関も住宅ローンをできれば組んで欲しい為、また他の金融機関にお客様を取られてしまわないように、総合的な判断をするようにしているところが多いです。
例えば・・・
・自己資金が多く準備してある
・既存のローン(マイカーローンなど)がない
・過去に金融トラブルがない(返済期日を過ぎた、公共料金未払いなど)
・資格(特に国家資格)を活かした職
・(夫婦共働きの場合)転職をしていない方の勤続年数が長い、収入が高いなど
その他にも様々な要件は各金融機関によりあるかと思いますが、上記はどちらにしてもプラスの要因として働くので覚えておくとよいのではないでしょうか。

転職以外に審査通らない場合って?

住宅ローンの審査は何も勤続年数だけで合否が決まるわけではありません。
その他にも多くの要因があります。
上記でも少し単語が出ていますが、現在既存で借入(多いのはマイカーローン)がある場合は審査で内容を見られます。
例えば、2台マイカーを所有し、2台ともローン払いしている場合はさらに条件が厳しくなります。
マイカー以外にもいわゆる消費者金融を利用したことがある場合(現在は完済済みでも)は審査が厳しくなります。
特に過去そういった借入の返済中に返済を滞納してしまった場合などは、審査に通ることがほとんどないくらいに住宅ローンの審査が通るケースが少なくなります。

クレジットカードも要注意

クレジットカードは現金を持たずに買い物ができる大変便利なものですが、住宅ローンの審査においては注意が必要です。
いくつか例はありますが、まずは枚数が多すぎると審査で問われるケースがあります。
住宅ローンを利用しようとしてるのあれば、普段使っていないクレジットカードは解約しておくことをお勧めします。
枚数以外でも、クレジットカードの機能である、キャッシングを利用していると、先ほどの消費者金融利用に近い扱いを受けることがあり審査が厳しくなります。
昨今では「リボ払い」もよく言われます。リボ払いは借入と同じ扱いにされてしまうのです。
その他にも普段から「分割払い」で決済している方も要注意です。
住宅ローンの審査を受ける前は一度クレジットカードの利用明細を確認してみるとよいでしょう。

番外編:住宅ローン返済中に転職したら?

ここで番外編として、住宅ローンを利用して、無事にマイホームを購入した後の転職について。
転職には、様々な理由があるかと思いますが、大きく分けると下記の2通りかと。
1.自己都合の転職
2.会社都合の転職
1の方は、自己都合なので転職先での収入と現在の返済をしっかりと確認しておけば特に問題はないかと思います。自己都合で転職する以上、返済についても自己責任となるのは当然と言えば当然ですね。
2の方の理由としては「会社の倒産」が挙げられるでしょうか。住宅ローンは何十年も返済を続けていくものなので、返済中に会社が倒産してしまうということもこのご時世では少なからずあるかと思います。この場合はまず、返済中の金融機関へ相談しましょう。支払い条件の変更やその他の提案をしてくれると思います。金融機関も返済してもらわないと困ってしまいますからね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ローンのお話なので、あまりわくわくする内容ではなかったかもしれませんが、マイホーム購入の際にはほとんどの方が避けては通れません。

住宅ローンについては多くの金融機関が取り扱っており、事前審査が受けられるので、物件探しと同時に審査を受けておくのも1つの方法ですよ。

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。