一時期はバリアフリーとして、段差がない部屋作りが人気でしたが、最近はリノベーション時にあえて段差をつけるリビングアレンジが流行っています。では、リビングに段差をつけることにはどんな意味があるのでしょうか。段差があるリビングの魅力についてご紹介します。

リビングに段差を付ける意味

今注目されているのが、スキップフロアとも呼ばれる段差が付いたリビングです。お子さんやご年配の方がいらっしゃるご家庭であれば、バリアフリーのように平面なリビングの方が好ましいとされています。いったいなぜ、あえてリビングに段差をつけるのでしょうか、その理由は主に3つあります。

 

□段差を付けることでメリハリのある空間に

限られた空間に設けられるリビングは、フラットになっているワンフロアの場合、部屋に動きがなく感じられます。リノベーション時に段差をつけることで低い位置、高い位置との差を作って部屋にメリハリが生まれます。

 

□狭い部屋でも広く見せることができる

最近は、1戸建てよりもマンション住まいの方が多いのが実情です。しかし、マンションだと部屋の広さも限られてきますよね。そのため、ワンフロアだと狭く見えてしまいがちになります。段差をつけると部屋に立体感が出るため広く見せることができるのです。

 

□天井を高くできるので吹き抜けの空間を演出

1戸建ての設計をするときに、1階ずつの部屋を作ってしまうとどうしても天井が低くなりがちです。しかし、段差をつけることで部屋の中に低い部分を作って天井を高くしたり、吹き抜けを作ったりできます。天井が高くなると解放感があるので居心地がよいリビングに早変わりします。

リビングの段差や小上がりを作るメリットとデメリット

部屋が広く見えたり天井を高くしたりできるリビングの段差使いですが、このようなメリットやデメリットもあります。

 

□メリット

・壁や扉ではないので視線を遮ることなく部屋を仕切ることができる

通常、部屋を仕切るには大きな壁を入れたりスライド式の扉を設置したりします。しかし、壁や扉があると部屋が余計に狭く見えてしまいがちです。段差を作ることで、部屋ごとの視界を遮ることなく利用できるので、小さなお子様を部屋の段差がついた上の部分で遊ばせながら、ママは家事をするなど段差があるリビングはお子様がいる家庭にも人気が出てきています。

 

・洋室と和室を同じ空間にすることができる

リビングの空間というと和室か洋室、どちらか一方に決めないといけないのが難点です。ところが、リビングに段差を作ることでベースは洋室としながらも上がった部分は和室の小上がりにするといった風に、洋室と和室を同じ空間で組み合わせることができるのです。

 

・ソファなどないところでも腰かけられる

リビングに腰掛け用のソファがあると便利ですが、広さから考えてソファを置いてしまうと部屋が狭くなってしまうという問題もあります。リビングの端に段差を設けることで、その段差を椅子代わりに使って休憩できるというメリットもあります。

 

□デメリット

・高齢の方や子どもがいると大変

ご年配の方や小さ子どもがいる場合は転びやすいため、段差があるところでつまづいてしまう可能性があります。万が一の怪我を想定すると段差の有無や高さも考えなくてはいけません。

 

・掃除がしにくい

主婦にとって家事の中でも面倒なものが掃除です。ワンフロアであれば、掃除機をさっとかけるだけで済みますが、段差を作ると上の部分、下の部分というように分けて掃除をしなければなりません。

 

また、境目の部分にはほこりや髪の毛などがたまりやすいのでこまめに掃除する必要があります。
こまめに掃除するようになるというプラス思考の捉え方もできますね。

 

・模様替えが難しい

おしゃれだと思って作った段差も、時間が経つとともに飽きてしまいます。そこで家具を動かして模様替えしようと考えたときに、段差があると運びにくくなり不便です。

リビングに段差をつけて収納箇所を増やそう!

リビングを利用していて、困るのは収納ではないでしょうか?
部屋の面積を多くとろうとするとどうしても収納箇所が少なくなってしまいます。リノベーションで作る段差は、収納箇所を増やすことにもつながります。

 

今まで平坦だった部屋の隅に合えて小上がりを作ることで収納場所を設けたり、高さのある段差を作ることで大きいものが収納できるようなスペースを作ったりもできます。

 

また、段差を作って上開きの収納を作ると、布団や家電といった場所を取る大きなものが収納できるようになり、これまで困っていた収納物の悩みがぐんと減って部屋の整理整頓にもつながります。

まとめ

単調だったワンフロアの部屋にアクセントをつける段差作りは、リノベーションのご提案の中でもリクエストが多いポイントです。

 

段差を作ることで部屋にメリハリがでて広く見えるだけでなく、天井を高くすることもできて解放感が感じられるのも魅力ですし、小上がりを作ることで部屋のアクセントにもできます。

 

段差を作ったスペースを工夫すれば収納箇所として活用することもできるので、大きな荷物の収納場としても最適ではないでしょうか。

リノベーション時には是非リビングに段差を取り入れて、変化を楽しんでくださいね。

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。