開放的で室内が明るくなる大きな窓に憧れている人は多いのではないでしょうか。確かに、窓を大きくすればその分太陽の光が入りやすくなりますし、外の景色を楽しむこともできます。しかし、窓の大きさをよく考えないと、プライバシーの問題や室内の温度など、思わぬ落とし穴が待っていることもあります。

 

この記事では、大きい窓のメリットとデメリットについて考えていきます。また、現在ある大きな窓をリノベーションで解決する方法もご紹介。「リノベーションで大きい窓を作りたい」と思っている人も、「リノベーションで大きな窓をどうにかしたい」と思っている人も必見です!

大きい窓にリノベーションするメリットとは?

多くの人が憧れる大きい窓。では、大きい窓のメリットや魅力はどのようなところにあるのでしょうか。

 

窓を大きくする最大のメリットは、なんといっても「明るさ」でしょう。窓を大きくすると、家の中に入ってくる日差しの量が多くなります。昼間は電灯を点けなくてもよいほど明るい部屋にすることができますし、自然の光ですので温かみも感じられるのです。

 

そして、大きい窓は開放感があるというのも魅力の1つ。小さい窓しかなく、壁の面積が多い部屋は窮屈な感じがしますよね。窓を大きくするということは、壁の面積を減らすということ。壁という圧迫感のもとを減らし、屋外につながる窓を大きくすることで、オープンな雰囲気の部屋にすることができるというわけです。

 

また、大きい窓はそれだけで外観を華やかにしてくれる存在です。大きな窓を作りたいと思っていても、さまざまな制約から作ることができないケースも多い中で、大きい窓がある家はそれだけで目を引く存在になります。街ゆく人たちにも、家主のセンスの良さをアピールすることができるでしょう。

大きい窓にするとよくないデメリットも?

明るい部屋を作ることができて、家の中から見ても家の外から見てもおしゃれな大きい窓ですが、作る場所やガラスの性質を考えておかないと、思わぬ失敗をすることもあります。では、大きい窓のデメリットを確認していきましょう。

 

窓を大きくすると、その分壁の面積が減ります。つまり、家の中が丸見えになってしまうおそれがあるのです。大きな窓が道路に面している場合や、まわりに高い建物がある場合は、外から家の中が見えやすいため、プライバシーを十分に守ることができない可能性があるので要注意です。

 

また、家の中が丸見えということは、家族構成や生活パターンを外から知りやすいということ。空き巣や詐欺など、犯罪に利用されてしまうことも考えられます。プライバシーを守るためにも、防犯性を高めるためにも、日差しが必要でないときにはレースカーテンなどで目隠しするなどといった工夫が必要ですね。

 

そして、大きい窓にすると太陽の光が多く入ってくるというメリットがある一方、太陽の光がガラスを温めてしまうというデメリットもあります。冬の寒い時期や、春・秋の太陽の日差しが心地よい季節は熱くなりすぎることはあまりないのですが、夏には熱くなりすぎてしまう場合があるので注意が必要です。

 

冬は何のトラブルもないかといえばそうでもありません。壁には屋外の熱さや寒さを遮断し、室内を快適に保つための断熱材が入っているのですが、大きい窓を作るためには壁の面積を減らさなければなりません。つまり、窓を大きくすることで、断熱材を使用する量が減り、断熱性能が低下してしまうというわけです。夏には室内が暑くなりやすく、冬には寒くなりやすいというデメリットがあります。

 

また、戸建て住宅では窓を大きくするリノベーションをすることが可能な場合が多いのですが、マンションでは難しいというケースがほとんどです。壁を減らすことは、耐久性や耐震性に影響を及ぼすことにもつながりますので、場合によっては戸建て住宅でも窓を大きくするリノベーションができないかもしれません。建物の性能や性質などを考慮して、窓の大きさを決めるようにしましょう。

大きな窓で失敗しちゃった時はリノベーションがおすすめ!

日差しが多く入ることや、家の中からも外からもおしゃれに見えることから、大きい窓に魅力を感じる人は多いでしょう。もちろん、大きい窓を作って満足している人もいると思いますが、やはり外からの視線が気になったり、真夏や真冬の断熱性能の低さから暮らしにくさを感じたりしている人もいると思います。このように、「大きい窓で失敗した…」と感じている人は、リノベーションで暮らしにくさを改善してみましょう!

 

まず、窓を小さくできないか、窓の数を減らすことができないかといった点を検討することから始めます。しかし、窓を小さくしたり減らしたりすると、どうしても日差しが入りにくくなってしまい、リノベーション前よりも部屋が暗くなってしまいがち。

 

そんなときに活用したいのが「室内窓」です。室内窓とは、部屋と部屋の間の壁や、部屋と廊下の間の壁など、室内に設置する窓のこと。外壁に設置する窓を小さくしても、室内窓があれば部屋の中に入ってきた光を有効に活用することができるのでおすすめです。

 

この室内窓は、大きい窓を作ることが難しいマンションなどの建物にも活用することができます。外壁に設置する窓を大きくするよりもはるかに簡単にできるので、ぜひ検討してみてくださいね!

まとめ

大きい窓は部屋を明るくしてくれたり、開放的な家にしてくれたりというメリットがある一方で、プライバシーや防犯性、断熱性能といった問題点もあるので、大きい窓を作る前にもう一度考え直してみるとよいでしょう。

 

太陽の光が差し込む明るい部屋が欲しいということであれば、一般的な窓の大きさにして室内窓を作るのもおすすめです。自分の家を、自分好みの暮らしやすい家に変身させるリノベーション。メリットとデメリットを十分に考えてみましょう!

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。