リノベーションするときは、一時的に仮住まいを探して引っ越しするのが一般的です。費用がもったいないからと、住みながらリノベーションするのは難しいでしょう。どうしても住みながらリノベーションするとしたら、どのような心構えが必要なのでしょうか。

住みながらのリノベーションが難しい理由

■工事中は家にいなくてはならない

住みながら大がかりなリノベーションを行うと、常に工事と隣り合わせであり、職人たちとも無関係ではいられません。家財道具も残ったままです。

 

そのため、工事中は在宅する必要があります。たとえ外出して良いといわれても、家を職人だけにするのは不安なものです。昼寝をするのも難しいでしょう。トイレも職人たちと共用になりますし、昼食以外の休憩時にはお茶を出すといった気遣いも求められます。

 

■騒音やホコリにさらされ、何度も家具の移動が必要になる

リノベーションにおいては、先に既存の内装や設備を壊さなければならず、その過程で騒音や大量のホコリが発生します。住みながら行われている場合は、当然これらも我慢しなければいけません。ホコリや塗料などによってアレルギーを発症する場合もあるますし、想像以上にストレスが溜まるものです。

 

また、住みながらのリノベーションでは、室内のどこかに家族用の居住スペースを確保しなければならず、工事が進むごとに別のスペースへ移動するのを繰り返します。何度も家具を移動する破目になり、面倒な上に重くて一苦労です。

 

■出費がかさむ

それでいて費用面では、あまり節約にはなりません。水回りや配管の工事などで水が止まると、外食代や銭湯代がかかります。住人のために工事のスケジュールを組むのは、工期を延ばす原因です。

 

結果として、仮住まいに移り住んでいたほうが安上がりになる場合もあります。そのほうがストレスも溜まりませんし、家具をこまめに移動する面倒もありません。そう考えると、住みながらリノベーションするのは難しいといえます。家族の理解を得るのも大変です。

住みながらリノベーションをするときの心構え

家族

■不便を楽しむ

このように住みながらリノベーションすると、トイレや風呂を使えない日があったり、入れない部屋があったりするなどの不便さが生じます。むしろ、いつもと勝手が違う生活を楽しむくらいの心構えがあるなら、乗り越えられるかもしれません。費用にも余裕を持たせたいところです。

 

■家族の重要な予定と重ならないようにする

住みながらリノベーションすれば、家が少しずつ変化していく過程を目の当たりにできます。想像するだけでわくわくしてきますよね。

 

ただし、家族には負担をかけてしまいます。大切な用事があるときは、リノベーションそのものを避けたほうが良いでしょう。子どもの受験や仕事が忙しい時期、重要なイベントがあるときなどは、住みながらリノベーションするのは避けるのが無難です。

 

不便で面倒が多いからこそ、家族間の協力も必要になります。例えば工事中、家にいるのを日替わりで交代したり、部屋の移動に伴う荷物運びを手伝ったりするなどです。あらかじめ自由にふるまえる場所を探しておいて、ストレスが溜まったら発散できるようにしましょう。

リノベーション時の引っ越し代金をできるだけ節約する方法

トランクルーム

住みながらリノベーションしようと考えるのは、一時的に退去する費用がもったいないからですよね。リノベーションの期間にもよりますが、仮住まいを借りるとなれば家賃に加えて敷金や仲介手数料が発生します。ウィークリーマンションは家賃が割高ですし、ホテルで暮らすのは現実的ではありません。どちらも手持ちの家具は置けないでしょう。

 

けれども工夫次第で、これらの費用は節約できます。

 

■家具をトランクルームに預ける

まずは、家具をトランクルームに保管する方法です。数や大きさに応じて広さを選べて、家賃よりも少ない月額料金で保管できます。トランクルームによっては出し入れも自由ですし、空調や防犯体制も充実していますから、安心して保管できるでしょう。

 

■引っ越し業者のサービスを利用する

引っ越し業者の中には、「荷物一時預かりサービス」といって、リノベーションの間など、一時的に家具を預かってくれるところがあります。引っ越し業者が荷物運びを行い、倉庫やトランクルームでひとまとめに保管してくれる、というサービスです。

 

出し入れする際は、その都度業者に指示しなければいけませんが、荷物を運ぶ手間が省けて梱包までしてくれるのは、大きなメリットと言えます。

 

これらのサービスを利用すると、仮住まいに移るときの家具を少なくできるため、わざわざ広い家を借りなくても良くなります。その分、家賃を節約できるでしょう。

 

■業者から仮住まい物件を紹介してもらう

また、リノベーションの業者によっては、自社で保有する物件を仮住まい用に安く提供してくれるところがあります。家賃だけでなく、敷金や仲介手数料も安くなることも期待できそうです。打ち合わせの際に相談してみましょう。一時的に退去する費用を節約できて、住みながらリノベーションするよりも快適に過ごせます。

まとめ

住みながらリノベーションするのは、不可能ではありませんが面倒で負担もかかります。不便な生活を楽しめるか心配であれば、仮住まいを探して引っ越したほうが良いでしょう。荷物を預けるサービスを利用したり、業者からお得な家賃の仮住まいを提供してもらったりすれば、費用を節約できます。

【事例】リノベーション

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
速水 亮
速水 亮 マーケディレクター

常に大事にしていることはマニュアルではなく本質。 「仕事」においては責任感と誠実さ。 進化には常に別のマーケットがある。 汎用性の中にロマンはない。 子供が持つ無頓着さをそぎ落さないように。      

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。