日本が抱えている住宅問題のひとつに、収納スペースの少なさが挙げられます。

長く同じ家で暮らしていれば家族が増えることもありますし、それに伴って荷物や家具が増えることもあります。

 

そして、このようなときに困るのが、家具の置き場所や荷物の収納場所です。

今回は、リノベーションで収納スペースをつくる方法についてご紹介しますので、お困りの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

リノベーションで実現できる収納って?

それではまず、リノベーションで実現可能な収納についてご紹介します。

 

・小上がり収納

小上がりスペースをご存じでしょうか?

小上がりスペースとは、床から1段高い部分につくられたスペースです。旅館などで見かけることがある方は多いのではないでしょうか。

 

では、小上がりスペースの収納方法についてです。

小上がりスペースには段差がありますが、この段差の部分に引き出しをつくれば、散乱しがちなお子さんのおもちゃを収納することができます。

 

また、小上がりの引き出しになくしてしまいそうな小物を収納しておけば、あれがない、これがないといったトラブルの回避にもつながります。

 

小上がりスペースの平面部分の面積は狭くても、段差を高くとればその分多くの引き出しをつくることもできます。

 

できる限り居住スペースを削らずにリノベーションで収納スペースを確保したいのであれば、小上がりで何段かの引き出しをつくるという方法を検討してみると良いでしょう。

 

引き出しというのは一例ですが、小上がりスペースの上部を開閉できるように設計しておけば、年に何回も使わないような旅行セットなどを収納しておくこともできます。

 

季節ものの布団なども、このようなスペースがあればかさばることなくスマートに収納することができますね。

 

・間仕切りで収納スペースに

間仕切りで収納スペースをつくるという方法は、狭いワンルームを有効に活用したいという方には特におすすめです。

 

例えば、小型のシェルフ間仕切りをつくり、ベッドルームとリビングルームに分割するという方法があります。

 

シェルフを使えば見せる収納もでき、部屋がグッとおしゃれになります。

シェルフのデザインも様々ありますので、部屋の雰囲気に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

・壁面収納

壁の1面を収納スペースにする壁面収納もおすすめです。

キッチン収納や本棚として活用することができます。

 

これによって室内のスペースが若干狭くはなりますが、備え付けのキッチン収納で収納しきれなかった調理器具などを壁面収納してしまえば、狭いキッチンがスッキリと片付きますね。

 

また、意外とデッドスペースなのがカーテンレールの上部です。

賃貸では難しいかもしれませんが、カーテンレールの上に小型のシェルフを備え付ければ、ちょっとした小物を簡単収納、室内がスッキリと片付きます。

狭い部屋こそ空間を立体的に活用して収納を確保しよう

現在ある平面スペースや壁面を、収納スペースとして有効活用するのは、とても賢い方法です。ところが、この場合では居住スペースが削られるというデメリットを避けて通ることができません。

 

それならば、スペースを立体的に活用してはいかがでしょうか。

これならば、広い部屋が狭い部屋になる心配がありませんし、元から狭い部屋がさらに狭くなる心配もありません。

 

・廊下や階段下のスペースを利用する

廊下や階段下は意外と気がつかないデッドスペースです。

階段下であればまるまる収納スペースとして活用することができますが、廊下の場合はどうでしょう?

 

廊下の場合は、床下収納スペースをつくるという方法があります。

 

同様に、天井に収納スペースをつくるという考え方もできます。この場合では元々の天井の高さにもよりますので、天井にどれくらいの余裕があるのかあらかじめ確認しておきましょう。

 

・ロフトやウォークインクローゼットなど空間を活かした収納がおすすめ

ロフトやウォークインクローゼットは、意外と空きスペースがあると思いませんか?

特にウォークインクローゼットでは、衣類の下部分にはもったいないくらいの空きスペースがあるはずですので、このスペースを有効に活用してみましょう。

 

たとえば、空きスペースにミニチェストなどを置けば、下着や靴下などの小物をスッキリと収納することができますね。

 

また、着丈が短い衣類を収納しているスペースには、その下に衣装ケースを置き、シーズンオフの衣類を収納しておくという方法もおすすめです。

まとめ

探してみると意外と多いのが、家の中のデッドスペースです。

リノベーションを行うに当たっては、特別にスペースを用意しなければならないこともあります。

 

ですが、今回ご紹介したように、元からあるスペースを有効活用したリノベーション方法もあります。

 

家具を置く場所がない、荷物を置く場所がないなどでお困りなのであれば、ひとまず家の中のデッドスペースを探してみましょう。

 

廊下、階段の下、ウォークインクローゼットなど、普段見慣れている場所に意外なデッドスペースが見つかるかもしれませんよ。

 

デッドスペースが見つかったら、ネクストカラーズに収納リノベーションをお任せください。

【事例】リノベーション

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。