丈夫でナチュラルな材質を望むなら、候補のひとつにぜひタモ材を入れて頂くことをおすすめします。

 

オーク材と共に人気の高い、タモ材の特徴についてご紹介します。他の木材に比べてどこが優れており、人気の理由になっているのか、比較の参考にしてみてください。

タモ材木目

家具の素材で人気、タモ材とは

タモ材はモクセイ科の広葉樹で、トネリコ属に分類される木の総称「タモ」の丸太からとれる無垢材です。10年ほど前から高い人気を持っており、全産地は日本の他、中国やロシアがあげられます。

 

木材には産地ごとに特徴が激しく出るものが(たとえばレッドオークとホワイトオークなど)ありますが、タモ材の場合、中国やロシア産のものと国産のものはよく似ています。

 

アメリカのホワイトアッシュやヨーロッパのユーロピアンアッシュも、タモと同じくトネリコ属に分類され、タモと同じく家具などに加工されます。

 

成長すると広葉樹の中でも大きい部類に入るタモは、その分胴回りも大きく育ち、まとまった量を丸太からとることができる木です。硬い木で加工しやすく、均質な木材がとれるため、家具の材料としても用いられます。

 

家具の他には、野球のバットやホッケーのスティックなど、スポーツ用品にも使われています。タモ材にあげられる木はヤチダモ、アオダモ、シオジなど国内でも複数あげられ、それぞれ適切な用途で加工することが重要です。

 

ヤチダモやシオジは家具や合板などに、アオダモは日本製のバットに使われることが多いです。成長度合いで硬さも変化するため、硬い木が必要となるスポーツ用品には成長の良い硬いものを、家具など加工品には成長の悪い柔らかいものが向いています。

 

近年、タモが人気なのは、ナチュラルで淡い色と、場所によって色の深さが異なる木目の美しさによるものです。スラッとほぼまっすぐ伸びた木目が区切るように、淡い色みや黄みがかった層がいくつもできており、1色ではない多様さが特徴的な模様を描いています。

 

その木目を活かし、家具などの加工品はナチュラル系のシンプルなデザインで制作されたものが人気です。

 

タモ材を使ったインテリアをお考えならネクストカラーズに相談してください!ご相談にのりますよ。

ナチュラル系木材で比較!タモとオーク

オーク材フローリング

ナチュラル系木材といえば、オーク材は外せません。タモ材と肩を並べて白木の代表的な存在でもあるオーク材は、耐水性の良さからワインなどの樽に加工されることの多い木材です。その事実からも分かるように、北欧では身近な存在で北欧家具でもおなじみの木材として活用され続けています。

 

丈夫さはもちろん、木目の美しさも人気の理由であり、「いかにも」な木目は自然の力強さが産んだ美しさといえます。

 

タモ材もオーク材とよく似たような木目の美しさが人気を高めていますが、オーク材と並べてみると大きな違いが見つかるでしょう。それは「虎斑(とらふ)」と呼ばれるオーク材に現れる模様の存在です。

 

虎斑は虎の毛の模様に似た木目で、このように美しく価値のある木目は、杢目(もくめ)と表記されます。年輪を横断するように、放射状に広がる細胞組織によって現れる模様で、光沢があります。ブナ科のオーク材特有の模様なので、タモ材で見ることはないものです。

 

もうひとつの違いは、価格です。オーク材もタモ材も国内と海外の両方に分布していますが、価格はオーク材のほうが若干高くなります。

 

タモ材も外国の輸出量制限が影響し、価格高騰の傾向があるため、オーク材と同等の高額木材になる日がこないとも限りません。しかし、現時点ではオーク材のほうがまだまだ高いため、価格面で選ぶとするなら、タモ材のほうが多少は安く購入できます。

 

ナチュラル系木材で比較!タモとナラ

タモ材とナラ材も、オーク材と同様に見分けがつきにくいものです。そもそも、ナラ材自体がオーク材の一種ホワイトオークとよく似ており、結果、オーク材に良く似たタモ材とも似通った特徴を持ってしまうのです。

 

タモ材と同じく、ナラ材も無垢材を使用したナチュラル系デザインの家具などに多く用いられる材木です。

 

やはりオーク材にもいえることなのですが、タモ材とナラ材も環孔材という共通点を持っています。環孔材とは木が水分を吸い上げて運ぶための導管の並び方あらわす言葉で、年輪に沿って環孔状に(円を描くように)導管が走っていることをさします。

 

それぞれの導管が太く、しっかりとしているのが環孔材の特徴です。これに対し、細い導管が年輪に関係なく散らばって走っているものは散孔材と呼びます。

 

見た目も導管の特徴も同じなら、余計に見分けがつかないと思うかもしれません。タモ材とナラ材の決定的な違いは、虎斑の存在と価格差があげられます。オーク材ほど強くあらわれないこともありますが、ナラ材にも虎斑が出ることがあり、虎斑の有無でタモ材と見分けることができます。

 

オーク材以上に希少なナラ材は価格も高く、また家具や建材の他に「ジャパニーズオーク」の名でウイスキーなどの樽用にも需要があります。そのため、タモ材やオーク材と比べると高額となりやすいのです。

 

他にも「タモ材のほうが明るく、ナラ材のほうが少し落ち着いた色をしている」という見分け方もあげられますが、虎斑や価格に比べると明確な特徴とはいえないかもしれません。

まとめ

均質な木目の美しさが魅力のタモ材は、白木の代表的な存在と呼べる木材のうちのひとつです。その丈夫さから家具だけではなく、野球のバットなどスポーツ用品に加工されることもあります。

 

オーク材やナラ材とよく似た外見を持っていますが、価格面で見ると多少安く手に入れられるのはタモ材のほうです。オーク材やナラ材のような虎斑(とらふ)という特有の木目を重視しないのであれば、タモ材を検討してみてはいかがでしょうか。

【事例】リノベーション

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。