憧れのホームシアターを作りたくても、防音の難しさに断念してしまう人は多いです。

音漏れ問題も、リノベーションであれば解決できます。ホームシアターの魅力や防音のポイントを、詳しく解説していきます。

映写機とMOVIE

ホームシアターを作ろう!

「ホームシアター」とは次のような高性能なAV機器を備えた、映像と音を楽しむ特別なお部屋のことをいいます。

 

・大型のプラズマテレビや、プロジェクターとスクリーンを組み合わせた、高画質な映像機械

5.1ch7.1chなどのスピーカーを使った、立体的で高音質なサラウンドシステム

 

防音には充分な対策が必要ですが、映画館とかわらない迫力のある音響と臨場感のある映像を、自宅で気軽に楽しむことができます。

 

ホームシアターは、まさに自分だけのミニ映画館。映画好きにはたまらないでしょう。

 

映画鑑賞以外にも、魅力はさまざまです。

特別に映画好きでなくても、自宅にホームシアターを作りたいと憧れる人は少なくありません。

 

■映画だけでなく、音楽鑑賞やスポーツ観戦も

 

ホームシアターを楽しめるのは、もちろん映画好きだけではありません。

デジタル放送を視聴すれば、コンサートホールやスタジアムにいるような、リアルな音や映像を堪能することができます。

 

防音対策を充分行っているホームシアターであれば、好きなアーティストのライブをみて友人と盛り上がっても近所迷惑になりません。気兼ねがなく、仲間とワイワイ騒ぐことができます。

 

また、TVゲーム機を接続すれば臨場感のあるサラウンドに包まれて、画面に映し出されるゲーム世界を体感できます。

実際にそのゲームの世界に入りこんだ気持ちで、プレイできるでしょう。

 

■大画面の映像

 

ホームシアターの映像設備は画素数が多い大画面なので、映し出される人物や景色がかなり実物大に映し出されます。

 

ホームシアターであればいつでも、自分の好きな時間に大画面映像を楽しめるのも魅力の一つ。

席によって見にくくなることもなく、いつでも特等席という贅沢感も味わえます。

 

■高音質のサウンド

 

通常のスピーカーは左右2つの筐体を使って立体的なサラウンドを作りますが、普通の部屋では音は拡散してしまいます。

防音工事済みのホームシアターであれば音の拡散を最小限に抑えることができ、気兼ねなく前後左右にスピーカーを増設できるので、まるで音に全身が包み込まれているような気分に。

 

低音を強調するウーハー付きのスピーカーを選べば、お腹の底から震えるような映画館の迫力音響も、自宅で簡単に再現できます。

ホームシアターを作る際に気を付けたい音漏れ

ホームシアターを作る際に一番気をつけなくてはいけないのは、防音ではなく「音漏れ」です。

一般住宅はある程度の防音性を備えていますが、それはあくまでも通常範囲のこと。

映画館並みの大音響で視聴をしていると、音や振動がご近所さんに伝わって、多大な迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

ホームシアターでの視聴はあくまでも個人的な楽しみですが、周りから苦情が出てしまっては心から楽しむことができませんし、生活もしにくくなってしまいます。

ホームシアターを自宅に作る場合はしっかり遮音対策や、外からの余計な音を防ぐ、防音工事をしておきましょう。

 

住宅の遮音性能は「D値」という等級で示されますが、ホームシアターに要求されるのはD-60D-70の高い遮音性。

 

戸建て住宅かマンションなど集合住宅なのかという建物種別や、住宅地などのお住まいの環境によっても、求められる遮音性や防音性は変わってきます。

 

防音ホームシアターは残響時間や反射音も気を付けて

 

自宅の一室をホームシアターにする場合は部屋の壁・天井・床の3方を、しっかりと防音する必要があります。

防音工事は音の侵入や音漏れを防止するだけでなく、シアター内の音質を向上させるためにも必要不可欠。

 

より良い音を楽しむためにも、防音対策は次の2点に配慮をしてください。

 

■残響時間について

 

音の響きは大切ですが、響き過ぎは聞き取りにくさに繋がります。

響きは「残響時間」によって評価され、一般的な広さのホームシアターでは、平均吸音率が0.30.4が目安。

 

室内面積によっても数値が変わってきますが、クリアで豊かな音質を維持するためにも、最適な残響時間をキープしましょう。

 

■反射音について

 

シアター内の音質を悪くする、「反射音」を無くすことも大事です。

 

特に防音した室内に平行する大きな反射面があると、音響障害を起こしやすい傾向があるので、防音工事にあわせて改修をしましょう。

 

部屋のデザインを変えて拡散させるか、吸音パネルを取り付けるなどの対策が必要になるかもしれません。

 

ホームシアターの防音対策は、さまざまな影響を合わせて、総合的に考えるべきです。

どういった防音工事が必要になるのかは、建物の構造や音響装置によっても変わってきます。

リノベーションの専門的な知識も必要になってきますので、ホームシアターを作るならネクストカラーズへご相談ください。

まとめ

憧れのホームシアターを完成させるためには音漏れ対策がなによりも重要です。特殊な防音対策には、プロのアドバイスと施工が欠かせません。

だからこそ大事なのが、リノベーション業者選びです。ネクストカラーズで、憧れのホームシアターを実現させましょう。

【事例】リノベーション

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。