子どもと毎日接する家は、安心して子育てが出来る家にしたいですよね。

子育てをのびのびとするためには、リノベーションがおすすめです。子育てのためのリノベーションについて解説します。どういった点に着目してリノベーションを行うべきか、理想の子ども部屋とは何かなど、子育てを頑張る方が知っておくべきポイントについて知れるので、チェックしてみてください。

子供

子どもとの距離が近くなるリノベーション!

子供

子どもがいる家庭で重視すべきなのは、子どもとの距離が近くなるようにリノベーションすることです。どういった点に注目してリノベーションを進めるべきか、チェックしてみましょう。

 

■子ども部屋までの動線をチェック

人が動く経路を示した線を動線といいますが、子ども部屋までの動線によって子どもとの距離は変わります。玄関からリビングを通り、子ども部屋にたどり着くというような動線にすることで、リビングにいる親との会話が自然と発生するのです。

 

玄関からすぐ子ども部屋にアクセスできる動線だと、子どもが成長するにつれてコミュニケーションの機会が失われてしまいます。子育てを意識したリノベーションの際は、家に帰ってきた時には、必ずリビングを経由して子ども部屋に行く動線を作ることを心がけましょう。

 

しかし、子どもの動線だけを考えて間取りなどを決めてしまうと、親や子どもが大きくなったときに生活動線が悪くなってしまうかもしれません。

そのようなことがないために、生活動線に関してさらに知るためには、こちらの記事も参考にしてくださいね、→生活動線 間取り へリンクを飛ばす。

 

こちらの記事では、子どもを主にした生活動線を考えていきます。両方の記事をじっくり読んでいただくと、完璧な生活動線が出来上がると思います。

 

■洗面台、お風呂までの動線をチェック

洗面台やお風呂場など、家族みんなが集中して使う場所の動線もチェックする必要があります。洗面台やお風呂場への動線をよくしてキッチンから確認できるようにすると、子どもを見守れて安心です。

 

また、子どもは成長するにつれて、洗面台やお風呂場を使う時間が長くなります。

忙しい朝や疲れを早く癒やしたい夜などは、洗面台やお風呂場周辺の生活動線が複雑だと人の行き来が多く、ストレスを感じやすくなるでしょう。洗面台やお風呂場の動線はできるだけ単純化し、家族みんなで快適に使える場所を心がけるのがポイントです。

 

■居心地のよいリビングをチェック

子どもとの距離を近くしたいのであれば、リビングの居心地のよさに注目しましょう。

リビングを広くし、さまざまな用途に使える大きなテーブルを置くのがおすすめです。共通で使えるテーブルを置くことで、子どもは宿題をしたり本を読んだりできますし、親は仕事ができます。家族が1箇所に集まることで自然とコミュニケーションの機会が増え、居心地がよいリビングになるでしょう。

子育て向けのキッチンにリノベーション

のびのびと子育てをするために、キッチンをリノベーションするのがおすすめです。親は家事をするために、キッチンで過ごす時間がどうしても長くなってしまうので、キッチンから周囲を確認しやすいようにリノベーションすることがポイントになります。

 

理想は、料理をしながら子どもの様子を確認できるキッチンです。オープンキッチンにすることで、子どもを見守りながら料理ができます。常に子どもの様子を確認できると安心できますし、料理も捗るものです。

 

一般的な壁側を向いて料理をする独立キッチンだと、どうしても子どもの言動や様子がわからなくなってしまいます。

 

また、キッチンの場所自体を変えることもおすすめといえます。明るい場所や子どもを見守りやすい場所にキッチンを設置することで、子どもとの距離が近くなるでしょう。

ゆくゆく必要な子ども部屋をリノベーション

子供部屋

子どもが成長するにつれて、子ども部屋の目的も変わってきます。小さい頃と成長してからの子ども部屋リノベーションポイントをチェックしましょう。

 

■小さい頃は、楽しめるキッズスペースを

子どもが小さい頃は、子どもが思いっきり遊べるようなキッズスペースを設けるのがおすすめです。汚してもよい壁にしたり、転んでも安全なように床の素材にこだわったりするリノベーションを行いましょう。

キッズスペースは、キッチンやリビングから容易に見守れる場所に設置するようにしてください。子ども部屋のドア→子ども部屋 ドアへ内部リンク の一部をガラスなどにするのがオススメです。

 

また、子どもの目線に合わせておもちゃなどを収納することも重要です。遊ぶときはもちろん、後片付けの習慣付けにも役立ちます。

 

■成長合わせて変化させよう

子どもが大きくなったら、成長に合わせて子ども部屋を変化させましょう。小さい頃は安全に見守ることを重視することが最優先ですが、成長すると1人になれる空間が必要になります。プライバシーを重視するようになったり、夜遅くまで勉強するようになったりするため、独立した子ども部屋を容易すべきなのです。

 

さらに、兄弟がいるのであれば11つの子ども部屋を与えるのがよいでしょう。家族計画と照らし合わせて、将来必要になる子ども部屋のスペースを確保しておくことが重要です。小さい頃は和室で、大きくなったら洋室にするなど、変化をつけることもおすすめといえます。

 

子育てのためのリノベーションなら、ネクストカラーズにおまかせください。お客様のご要望に合わせた最適なリノベーションをご提案いたします。

まとめ

子育て

子育てをのびのびと行うためには、快適に過ごせる空間づくりが重要です。子育てのためのリノベーションを考え、子どもとの距離が近くて安心できる部屋に整えましょう。

 

リノベーションであれば、ネクストカラーズにご相談ください。子育てを頑張る方のリノベーションをお手伝いします。リノベーションだけでなく不動産のプロも在籍することで、リノベーションにふさわしい中古住宅やマンションを紹介することもできますので、お気軽にご連絡を。

()

【事例】リノベーション

リノベーションに関するお悩みを解決致します。

リノベーションで何をどこまで出来るのか知りたい、見積もりを見比べたいなど
お気軽にご相談ください。

ご相談フォーム
この記事を書いた人
安井 俊満
安井 俊満 マーケティング

インターネットの普及で現代は情報が誰でも簡単に膨大に見ることができるようになりました。 不動産・建築業界は専門用語も多く、なかなかわかりづらいもの。 正確且つ求められている情報を伝えることを信条に情報を発信していきます。 気になる情報や知りたい情報があればぜひお気軽にお問合せ・リクエスト下さい。

ネクストカラーズではあなたのリノベーションライフを快適にします。

もっと「自由に」もっと「個性的に」もっと「経済的に」もっと「おしゃれに」、
住まいを選択できるリノベーションをご提案します。
まずは名古屋で営業している
ネクストカラーズのサービス・強み・他社とのサービスの違いをご覧ください。

ネクストカラーズについて

WORKS リノベーション事例

ネクストカラーズの新築戸建て・中古マンション・店舗の施工事例をご覧ください。